いちご鼻とは?そしてその原因は何?

 

いちご鼻とは?そしてその原因は何?

あぶら取り紙を使ったことがある人であれば、鼻の周辺は非常に皮脂の分泌が多いということを理解しているのではないでしょうか?

 

その通りで、鼻は顔の中でも非常に皮脂分泌量の豊富なところです。
そのため、その皮脂を放置しておくと毛穴に詰まって角栓となってしまい、更にはそれが酸化してブツブツと見た目にも触った感じにもイチゴの種のようになってしまうのです。

 

それが、“いちご鼻”です。

 

皮脂や古い角質がしっかり毛穴に詰まってしまって、それが幾層にも重なってしまうと酸化が進み今度はただ手触りがザラザラしているだけではなく、見た目にも黒い粒々が毛穴に詰まっているよう見え、余計にいちごの種のように見えてしまう状態になります。

 

こうなるとかなり進んだ状態になりますので、ただの洗顔や手軽にできるピーリングでは落とせないこともしばしば・・・そうなる前にどうにか対処しなければなりません。

 

とはいえ、いちご鼻は自分でケアして処理できるものであり、できてしまったからといって肌が元の状態には戻れないというわけではありません。
また、自己ケアができるものであり、皮膚科で治療を受けないと治らないものではありませんから、もしいちご鼻になってしまっても治せないと諦めることなく、地道にケアを続けていきましょう。

 

ただし、いくら自分でケアができるといっても、正しいケアを行わないと、決して治ることも改善することもありません。
そればかりか余計にひどくなってしまう場合がありますので、正しいケア方法や、やっていはいけないことをきちんと把握した上でケアを行うようにしましょう。

いちご鼻とは?そしてその原因は何?

 

いちご鼻を予防するには保湿が重要

いちご鼻とは?そしてその原因は何?

スキンケアにおいて非常に重要なポイントとなるのが“保湿”です。

 

保湿はニキビでも、シワでもたるみでもシミでも・・・肌の全てのトラブルに対して重要となるものです。
もちろん、いちご鼻においても保湿は非常に重要になるわけです。

 

何故いちご鼻において保湿が必要になるのか?というと、結局は、皮脂が過剰分泌は肌の乾燥が大きな原因になっていることがあるからなのです。

 

大人は特に乾燥がひどくなりがちなので保湿が必要なのですが、10代でいちご鼻ができる場合には、もともと皮脂が分泌されている量が多く、元々はそれが原因でいちご鼻になってしまうのですが、それをケアしなければ、治さなければと焦るあまり、肌に必要な皮脂までを洗顔などで奪ってしまい、
結果的には今度は乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されていちご鼻が悪化してしまうのです。

 

つまり、いちご鼻の原因が皮脂の過剰分泌なのですが、その皮脂の過剰分泌の原因が乾燥なので、そう考えればいちご鼻のそもそもの原因が乾燥であるとも考えられるわけです。

 

ということは、肌を乾燥させないために保湿をすることは直接的ではなくてもいちご鼻を予防するための方法になるわけです。

 

とはいえ、注意しなければいけないのは、保湿剤を散々肌に塗りたくっても全く意味がないわけです。
そうなると今度は保湿剤に含まれている油分が毛穴に詰まってしまい、いちご鼻の原因になってしまうからです。

 

保湿剤の使いかたに関しては非常に難しいデリケートなところがあります。
ですが、保湿を行わなければべたべたする肌は一向に良くなりませんので、使わないよりも早くいちご鼻につながっていってしまいます。

 

皮脂が詰まり、そこにまた過剰に皮脂が分泌されますと、どんどん古い皮脂は酸化していき一気に黒いブツブツいちご鼻になってしまいますので、保湿ケアは日ごろから怠らないようにしましょう。

いちご鼻とは?そしてその原因は何?